So-net無料ブログ作成

昭和の鉄道風景 南正時著 実業之日本社 [鉄道本]

46047EBD-0C64-43E2-85D0-42BD3359F63E.jpeg

今回紹介する本は、ケイブンシヤの鉄道大百科シリーズでお馴染みの、南正時さんの著書だ。本の出版されたのは2008年。はじめにでは、「0系が新幹線が引退するいま、(中略)私の個人史に足場を置きながら、写真と共に語ってみようと思う。」と前置きされている。


事実、0系は出版年の2008年に引退した訳だが、この本では新幹線開業を起点にして、平成の初期までの、著者の鉄道にまつわる思い出を著者の歩みとともに綴っている。


内容は、国鉄から地方私鉄までを簡潔な短文で綴られており2、3時間もあれば読み切れてしまう。
そして、昭和40、50年代のことが多く語られているが、個人的には583系や食堂車の思い出、日中線、鹿児島交通や、瀬戸電の描写が面白かった。


さらに、”581系「有明」では、主張中のある学習誌の編集長と、指定席で偶然隣り合わせとなった。”
とあり、ここから大百科シリーズが生まれた言う。何か、581系の独特な車内の雰囲気と合わせて、
会話の様子が頭に浮かんでくるとは、言い過ぎであろうか。


いずれも、数ページながら心情を交えた端的な描写が創造を掻き立てる。
この「後は読者の皆さんよろしく」感が、百科シリーズにも通じるものだろうか?
タイトル通り、昭和の鉄道の風景をダイジェストで振り帰るには良書である。

0系新幹線から始まる 昭和の鉄道風景 (じっぴコンパクト)

0系新幹線から始まる 昭和の鉄道風景 (じっぴコンパクト)

  • 作者: 南 正時
  • 出版社/メーカー: 実業之日本社
  • 発売日: 2008/10/31
  • メディア: 単行本


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。