So-net無料ブログ作成

但馬カニスキ号? [JITOZU_車両]

この時期の(クレジットによると1992年)、
この編成と言えば、但馬カニスキ号であろうか?

客車は、12系改造のやまぐち号用、レトロ車両。個人的には、凝った車内が好みである。
(乗ったことは、無いけれど。)

先日、リサイクルショップでプラレールの同車両を発見したが、この分散型冷房装置を覆う屋根形状が、昔の客車らしさを醸し、良い感じである。

今後、新車に置き換えられそうだが、一度は乗ってみたい車両です。

image.jpeg

梅小路蒸気機関車館 [JITOZU_施設]

クレジットによると、2004年に撮影された様だ。
現在は、立派な博物館となったが、以前は、
ほのぼのとした空気が流れ、じっくりと
見る事ができた。

C62などの大型機関車が、スチーム号として小さなトロッコを牽引する姿は、そのアンバランスさが、少し寂しい感じがした。

それでも、少し気温が下がると排出された蒸気が美しく天に昇り、大型機である事を誇示していた。

それを、ゆっくり眺められるゆとりがあった時代である。

image.jpeg

使用写真について [更新情報]

使用している写真は、記事投稿時に、クリエィティブコモンズの表示設定のものですが、問題がありましたら、コメント欄よりご指摘ください。削除などの対応をいたします。

多摩川橋梁を渡る、小田急SSE。 [JITOZU_車両]

この写真、いつ頃に取られたのであろうか?

私も子供の頃は、まだまだ現役でミュージックフォーンを鳴らしながら疾走とまではいかないけれど、元気に走っていた。

ともあれ、当時、何とも前世代的な形に加え、展望車付きの3100形、7000型に押され、子供達の興味を引く車両では無かった。

でも今振り返ってみると、古いは古いけど、とてもスマートですね。

貴重な資料です。





image.jpeg