So-net無料ブログ作成
検索選択

六甲ケーブル と アール・デコ の関係 [JITOZU_施設]

IMG_3529.PNG

参照MAP

写真は、六甲山ケーブルの山頂駅の階段で撮られたものの様だ。
私はよく知らなかったのだが、この建物は近代化産業遺産にもなっているアールデコ様式の美しい駅とのこと。

参考:近代建築watch

この写真からは、建物の美しさを感じる。


そもそも、アールデコとは何だろうか?"装飾を排した直線的なデザインで、幾何学模様を取り入れる"などと言われる表現様式だ。日本における、アールデコの有名建築は、旧朝香宮邸や、山の上ホテル、自由学園明日館と言われる。
ちょつと一般人の手には届きにくそうだ。


そんな様式を駅舎のデザインに取り入れるとは、どの様なことなのだろうか?六甲ケーブル、山頂駅は、1932年に開業したそうだが、この時代は日本でもアールデコ様式が隆盛を極めた時代だ。


そこで思い出すのは、(私だけかもしれませんが。。)一畑電鉄の出雲大社前駅である。
FullSizeRender.jpg
(写真は、2009年ごろ著者撮影)

こちらは1930年開業で、奇しくも同年代の建築だ。さらに東武浅草駅も1931年開業。
こちらもアールデコだと言われている。
参考:街並みのチカラ


これらの駅の共通点は、いずれも終点であり始点であること。
そこはまた、有馬温泉の出入口であり、出雲大社前、浅草は寺社門前で多くのお客様が行き交う場である。その見せ場の印象付けとしてアールデコが選ばれたのではないでしょうか?
それは、また、アールデコが大衆文化から好まれる様式であることの、一つの証明と思うのだが。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0