So-net無料ブログ作成
検索選択

夏と言えば 伊豆熱川駅 [JITOZU_施設]

FullSizeRender.jpg
参照MAP

伊豆急、伊豆熱川駅のホーム上から見た、
山側の景色だ。何の変哲もない景色に見えるが、いつもは写真中央の温泉塔から、モクモクと湯気が上がっている。真夏には、それが暑さを増幅している気がする。


そしてこの地は、太田道灌により発見されたと言われている。なんとも、歴史ある土地であることは勿論、道灌の観察力の凄さに驚く。
参考)太田道灌ゆかりの温泉地


熱川には、よく海水浴に行く。午前中の踊り子に乗って、夕方の踊り子で帰る日帰り旅行だ。都区内から日帰りできる最南端の海と勝手に思っている。伊豆の海と言えば南伊豆なのだが、泊まりで行く事がなかなか叶わない現実があるのだ。


さて、海水浴場までは急坂を下っていくのだが、途中にある料理屋が好きで、海の前にまずはビールと魚を頂くのが習慣だ。
海水浴場は、良い感じの狭い砂浜である。皆、タープやらパラソルを建て自由にやっている。
そして、周囲は温泉宿が囲う。
難点はシャワーだ。小さいのが二つのみ。基本は、周りの温泉宿に泊まるのだから仕方ない。
でも、なんだかんだ言って、熱海や今井浜の大きなビーチよりも、熱川ぐらいのコンパクトな浜が、私の趣向に会っているのだ。もし同じ様な心持ちの方が居れば、ぜひお勧めしたい浜である。


私は、まだ、熱川の宿には泊まったことがない。温泉も駅前の足湯にしか入ったことがない。185系も引退することだし、それに乗って、そろそろ泊まってみようかな。でも泊まるなら南伊豆が良いな、などと夏を考える今日この頃である。


下の画像は、小生の撮影による熱川温泉駅に入線中の185系、踊り子号。
伊豆の夏の暑さが伝われば幸いです。
スクリーンショット 2017-05-06 16.52.21.png


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0